月別アーカイブ: 12月 2011

なっちから…みんなさんに感謝です

どんも なっちです。 いきなりホントに冬になりましたね…びっくりです! ↓こうだったのが(16日AM10:20) ↓こうなり…(15:08) ↓こうなりました(19:43) テキの織り工房からの景色ですが、綺麗です(´∀`)w さてさて…そんな中いよいよ4年生みんな卒業研究大詰め。 朝から夜学校が閉まるまで頑張っています。 私もその中の一人で、正直言えば寒いし早く帰って色々したい…という誘惑が沢山ありますが、遅くまでがんばっていられるのは、同じくして遅くまで頑張っている仲間がいるからだなぁ~と制作しながら感じました。 父母・友達・就職支援課の方・親戚・楽しみにしてくれている方…などなど。 楽しみにされるのはちょっとプレッシャーですが…いい刺激になってると感じます。納得のいくもの・見て何か感じてもらえるものを絶対作ろう!と思って頑張ってます。 ありがとう!みなさんありがとうございます!(4年生のみんな頑張れ!) 頑張ってま…す!w 応援あってか、なんとか…今年中までに織り機から取り外し、3枚をくっつける事ができそうです! 一時は「卒制仕上がらないんじゃないか!?」と思ったくらいでしたから…チョビットだけホッとしてますw あともうちょい! …あ! あともうちょい…で12月・今年も終わってしまいますね~。 そして卒展までも2ヶ月をきりましたよ!大学に入って作業ができるのも、あと40日程! ひょえ~!!! やれることをやりきりたいと思います!明日もがんばろう… 今更気がついたが・・・・私の周りは紙だらけだっ!ww

カテゴリー: コース, テキスタイル | コメントは受け付けていません。

テンペラ実習

 初めまして、絵画コース3年の紫メガネ(仮)です。  11月10日~12月8日の5週にわたってテンペラ技法を使って古典名画を模写する課題を行いました。  テンペラは「混ぜ合わせる」という意味のラテン語Temperareを語源としており、顔料と媒材(接着剤)を「混ぜ合わせた」ものがテンペラであり、広義に絵具全般がテンペラであるということもできます。  今回はテンペラグラッサという顔料とメディウム(卵黄と油)を混ぜ合わせた絵具で描画する技法を用いて制作しました。  制作は下地作りからメディウムまで自分たちで作りました。 <メディウム作り> 新鮮な卵の卵黄だけ取り出しさらに卵黄の薄皮を針で刺し、中身を出す作業。みんな真剣でした。主に先生。 メディウム作りは卵やお酢を使うので、もはや料理でした。 <描画> 顔料に作ったメディウムを混ぜ、さらに水で溶いて描画します。ちょっと水彩のような感覚。 <講評会> 並べると壮観です。 この後、作品によって金の絵具が入り、完成しました。 横にいらっしゃる前髪(仮)さんの感想は… 金を入れると一気に豪華で華やかになりました。近くに置いていたボールペンまで金キラになってしまったとさ。  今回の課題では、西洋画の材料、技法史の概要を学習することで、それぞれの時代における表現と技法の関係性について学びました。  また、イタリアルネッサンスの古典名画を模写することで、作者が作品に込めた想いの片鱗を追体験することができました。  この記事の作成者個人(↓)の感想としては… 描画の際、肌を細い面相筆のハッチングでひたすらちまちま黙々と描くのが楽しかったです。 なんだか…充実してました。楽しかったです^^!  テンペラ実習の主な指導は、武蔵野美術大学非常勤講師である塩谷亮先生にしていただきました。 先生の穏やかな雰囲気にも癒されました!ありがとうございました!ぜひ来年も!

カテゴリー: 絵画 | コメントは受け付けていません。

辻先生の特別講義!!

たとえ寒くても晴れていると外に出てキャッチボールをしたくなるのは青春の証ですよね。 ソォォオオイ!!! やまです。 12月2日に2年生の特別講義で 辻 和美 先生が講義をしてくれました! 辻先生はガラス作家であり、美術家でもある方です。 辻和美先生のサイト ≪ factory zoomer ≫ 去年は「生活工芸」について講義をしてくれました。そして今年は辻先生ご本人についてと、美術についての自分の価値観や想い、概念、最後には先生の出版した「 作る力 」という本に出ている作家の方の紹介をしてくれました。ガラスを造るにしろ、金属や絵で何かを表現するにしろ、たくさんのことに興味を持ち、概念を知ることはとても大切なことだと考えさせられました。 辻先生が主に制作しているのはガラスコップの「めんちょこ」です。(※「めんちょこ」とは、「麺をちょこっと食べる」という意味ですwwかわいらしくて親近感が沸きますよねwwなんと講義に持ってきてくれました! 実はこの作品はこのように表を作り、300通り以上の種類の器があるらしいです!「作品は日常にヒントがある、日々を大切に生きることが大切」と言うのはこういうことだったんですね!私たちは日常に在り、生かされていることを忘れてはいけない、これから考え感じなければならない美意識は日常にあると思いました。 辻先生は2010年から「color」という作品展示会を開き、47種類の色のガラスコップを展示し、展示会に来てくれた人に自分の好きなコップを持って帰ってもらうという作品 です。色にはたくさんの意味があります。たとえば国籍や肌の色、性格など・・・・展示会に来た人は皆自分に合った形や色をこだわってもらっていくそうですvv私も辻先生の展示会に行ったら素敵コップをさらってきますvv 「日々を丁寧に積み重ねる」・・・うーんいい響きです・・・・ こうすることでアイディアスケッチも進むし自分らしさをつかむことができるんですね!!私も課題で日々が終わらないようにしますww

カテゴリー: ガラス | コメントは受け付けていません。

12月入りましたね・・・

風邪ひいてないですか? 急に寒くなってテキスタイル織室工房も一応暖房ありますが、寒いです…。 ずーっと卒業研究に専念してました(…や、進行形です!) なかなか思うように進まないものですね、自分でもびっくりです。 朝から学校の閉まる23時までほぼ行ってます(ほっとんど工房1人です、貸切ですw)。寂しくもなぜか集中できる空間です。 このときは3枚制作するうちの真ん中を作っているところになります。私は制作するにあたっての準備段階が完璧でなく、とても苦戦しました・・・ けれどなんとか完成!11月終わり頃に織り機から外すことができました!(ちょっとホッとした瞬間ですw) 休むことなく2枚目・3枚目に取りかかります! 2枚同時進行に挑戦です! やはり1枚目に比べ、慣れが見られうまくいかないことの連続です(進行形…)。なかなか進みが遅くなってしまい焦り、悩んで凹んでしまってます。 人間やっぱりうまくいかない・納得いかないとやる気も気持ちも落ちて暗くなってしまいますね、それに黙々と糸と向かっているので最近頭の中が糸だらけなんじゃないか!?…と思い始めましたw けれど、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる友達と場所が沢山できまして(4年のこの時期に、テキでないコースの・・・というねw)ホント嬉しい限りです!同じ境遇にいながら忙しいであろうにも関わらず、悩みを聞いてくれたりご飯を一緒に食べてくれたり楽しい話をしてくれたりします。 ホント心強いです、私の今の元気の源となってます!!感謝感激w ・・・・・・・えぇっとテキスタイルから話はそれてしまいましたが、大切な友達が沢山できたからもあって今は順調に?12月中に織り機から外せる方向へと向かっています。 あと50cm程!頑張って美しい作品に仕上げたいと思います!! 「卒業研究発表展には是非お越しください・・・?」 …まだ完成していないので自信をもってはいえませんです・・・言えるよう制作頑張りますよぉぉっ!

カテゴリー: コース, テキスタイル | コメントは受け付けていません。