二重織

こんにちは(^^♪

テキスタイルのあまとうです!

今回は、織の3年生が織っている「二重織」について紹介したいと思います。

二重織というのは、糸が表と裏の二層になっていて、いろいろな織り方をすることができます。

サンプルを織ったので、その中からいくつか紹介します!(^^)!

左から、「表裏交換」「チューブ状」という織り方です。

いろいろな織り方がありますね!この他にもいろいろな織り方があります。

他には、2blockの二重織もあります。

これは袋のようになっていて、中にはいろいろな物を入れることができます(^^)

では、みんなの作品を紹介したいと思います~!

今回は二重織のタペストリーをつくっています。

これは「ピックアップ」という織り方で、自分が考えた絵柄を織っています。

私が見たときは、花の模様を織っているところでした。

絵柄は表裏で色が反転します。

これから織る蝶の部分には布を入れるそうです!

この織り方は、スティックを入れながら織るので大変だけど、完成するのが楽しみと言っていました♪

これはチューブ状に織っていて、袋のようになります。

チューブの壁面に、穴をあけて織っているそうです。

手を入れているところに穴が空いています。面白いですね!

糸の染め方が「絵絣」という染め方で、色糊の染料をハケで塗り染めます。

この染め方だと、好きな位置に染めることができます。

出来上がりは立体になるそうです(^^)

これは「ピックアップ」という織り方で織っています。

表層は糸、裏層はテグスを使っています。

テグスが光にあたるとキラキラして綺麗でした!

写真に撮って見せたかったのですが、テグスが透明で写りませんでした…。

これからテグスで織ったところに、写真やビーズ、自分で描いた絵などを入れるそうなので、

また写真を撮ったら載せますね(^^)

みんなの作品がどのようになるか楽しみです~!

カテゴリー: コース, テキスタイル   パーマリンク

コメントは受け付けていません。